顔汗 止める 方法

MENU

顔汗を止める方法のいくつかをご紹介

顔汗 止める 方法

 

運動をしている時はそう気にならないですが、普段でも顔汗がだらだら出てくると人に会うのが嫌になりますよね。できれば会いたくないものです。特に女性だとメイクは落ちてしまいますし、焦ってしまいますね。焦るとよけいに汗が出てきてしまってもうどうしようもない状態に陥ってしまいます。そんな時に簡単に汗を止める方法を知っていれば一時しのぎになります。

 

まず、ツボを押して顔汗を止める方法です。手のひらの感情線が始まる先端の部分を親指と人差し指でつまむようにして押してみてください。鈍い痛みがあるところがツボです。ここを刺激すると顔の汗や脇汗が抑えられます。また、握りこぶしをした時に小指の付け根あたりに飛び出る部分がありますね。そこを親指の腹でゆっくり押してみてください。顔汗を至急に止めたい時に役立ちます。もう一つは、自分の脇を押さえることです。これは、交感神経を刺激して汗を抑える方法です。右側の脇を押さえると右側の顔の汗は止まりますが、反対側の顔の汗が増えてしまいます。ですから両手で両方の脇を圧迫すると顔の汗は抑えられます。

 

参考記事⇒ 顔汗を止めるのに効果的なツボはどこ?

 

また、首の後ろを冷やすと汗がひきます。首の後ろには頸動脈という太い血管がありますので、そこを冷やすと血行が抑えられ、汗もひきます。冷たいタオルを当てるとか、冷たいペットボトルの飲み物などがあればさっと首を冷やしてみてください。一瞬、ヒヤッと感じますが汗が落ち着いてきます。よく、脇汗には制汗剤を使って抑えている人がいます。これも便利なものですが、脇汗用のものは顔に使えません。必ず顔用の制汗剤を使うようにしてください。顔用はジェルクリームタイプになっています。また、顔用のものを使ったとしても、汗腺が塞がれたままの状態が長いと肌に負担となりますので使い過ぎには注意しましょう。顔の汗が止まらない、人に会うので何とかしたい!という緊急時に自分なりの汗の抑え方を覚えておき、いざという時に慌てないようにしてくださいね。慌てるというのも汗の原因になっているのかもしれません。


顔汗を止めるならコレ!


日本初の顔汗対策クリーム・サラフェ!

91.7%の人が効果を実感したその理由とは?

顔汗 止める サラフェ


>> サラフェの説明を見てみる