顔汗 帯

MENU

顔汗を止める帯の使い方

顔汗 帯

 

京都でよく見かける舞妓さん。とてもきれいで華やかですね。しかしご存知のように、京都の夏は猛暑です。盆地のせいか、ものすごく暑いんです。そんな時も、涼しい顔をして街を歩いている舞妓さんは、お化粧もしっかりしているのに、全然崩れていませんし、汗もかいていません。こっちは、汗を拭き拭き歩いているのに、そういったタオルや手ぬぐいも持っていませんよね。実は舞妓さんたちは、顔汗を止める帯を使っているんです。

 

舞妓さんたちは、半側発汗という作用を利用しています。これは、体の方法に圧力を加えると反対側だけが発汗するというものなんです。例えば、右側の脇の下を圧迫すると顔面の右側と右上半身の汗が抑えられます。逆に顔面の左側と左上半身の汗がたくさん出るようになるのです。これを利用して、胸の乳首の上あたりを締めつけて圧迫することで、顔と脇の汗が抑えられるんです。舞妓さんたちは、着物の下で乳首の上あたりに帯を締めつけ、汗を抑えているんですね。たぶん、ずっと昔から伝えられていた方法なのでしょう。

 

ヒモなどで締めつけても良いのですが、最近では汗止め帯というものが発売されています。胸の上あたりに巻きつけるだけなので誰でも簡単につけられます。どうしても顔に汗をかきたくない、着物を着るからできるだけ汗は抑えたいという時に使えば役立ちます。日常生活で使う必要はあまり無いですが、どうしてもという時に使うと効果的です。普段は、顔用の制汗剤をつけておくとかなり顔汗は抑えられます。メイクも崩れにくいですし、メイクの上からでも使えるので化粧直しが楽になります。顔用の制汗剤は、サラフェという商品です。インターネットで販売されているので、いつでも注文が可能です。口コミ情報もたくさん掲載されていますので、それらを参考にして買うかどうか検討してください。顔用の制汗剤はそうありませんので、持っていればいざという時役立ちますよ。あまり顔の汗で悩んでいない人も、夏は化粧崩れが気になるものです。そんな時に使ってみるのもおすすめです。


顔汗を止めるならコレ!


日本初の顔汗対策クリーム・サラフェ!

91.7%の人が効果を実感したその理由とは?

顔汗 止める サラフェ


>> サラフェの説明を見てみる