顔汗 自律神経

MENU

顔汗と自律神経の関係

顔汗 自律神経

もともと汗かきだという人は多いですが、脇だけとか顔だけにたくさん汗をかくというのはちょっと嫌ですよね。拭いても拭いても顔汗が止まらない、メイクは流れるし人にはじろじろ見られるし、何とかして治したいと思うものです。顔だけにたくさんの汗が出るというのには、いろんな原因があるようなのですが、その中の一つに、自律神経が関係しているのではないかと言われています。

 

自律神経には、交感神経と副交感神経があって、汗を調節するのは交感神経の方です。汗がたくさん出て止まらないというのは、交感神経が働きすぎているのが原因です。交感神経が暴走している状態なのですね。交感神経と副交感神経がバランス良く働かないと、このような症状が出てしまうんです。自律神経が乱れると、片方の神経が暴走してしまうので、自律神経のバランスを整えるようにしてみましょう。自律神経のバランスを整えるのには、ストレスを溜めないこと、リラックスしてゆっくりと行動することが挙げられます。例えば、毎朝準備にバタバタしてドタバタ家を出るような生活を繰り返していると、自律神経のバランスが崩れます。時には朝は太陽の光を浴びて目覚めて、ゆっくり支度をして家を出る、夜は早めに寝るというような規則正しい生活の日を作ってみることが大切なのです。朝の歯磨きをゆっくりするだけでもかなり良い効果があると言われています。

 

自律神経のバランスが整ってくると、交感神経が暴走したりしませんので顔汗が噴き出すようなことは減って来るでしょう。ただし、顔汗の原因が自律神経の乱れであれば、です。女性の場合、更年期で女性ホルモンが減ってくるのも顔汗の原因になるようですから、ホルモンバランスが乱れてきたかも、と思ったら婦人科で相談するようにしましょう。早めに行動すれば、つらい症状で長く悩むことがありません。自律神経のバランスが整うまでは、顔用の制汗剤を使って乗り切るようにしましょう。


顔汗を止めるならコレ!


日本初の顔汗対策クリーム・サラフェ!

91.7%の人が効果を実感したその理由とは?

顔汗 止める サラフェ


>> サラフェの説明を見てみる