顔汗 原因

MENU

顔汗の原因は何?

顔汗 原因

体はそれほど汗をかいていないのに、なぜか顔から出る汗はかなりの量で困るという声はよく耳にします。暑い季節になるとますます汗の量は増えます。なぜ顔だけたくさん汗をかくのか、その原因を知りたいですね。

 

運動不足

 

本来、健康な体の持ち主なら汗は全身から出るのが当然のことです。発汗することで体温調節するので汗が出ないと体温を正常に保てませんからね。その体温調節のための汗を分泌しているのは、エクリン腺という汗腺で、これは全身にあります。全身でだいたい300万個の汗腺があると言われています。300万個なんてものすごい数ですね。しかし、この汗腺すべてから汗が分泌されているわけではありません。活動している汗腺は、半分くらいで、さらに運動をほとんどしない人や汗をかかない環境にいる人は、心臓から遠いところ、例えば腕や下半身の汗腺が活動しなくなります。そうしたら、体温調節のために汗を出すところがよく活動しているところの汗腺に限られるので、顔や頭などの汗腺から出る汗が増えてしまうのです。これが、顔汗が増える原因です。原因は運動不足だったのですね。

 

多汗症という病気

 

運動をした時や暑い季節、辛い食べ物を食べたり緊張した時に顔から汗が噴き出るのは当たり前と言えます。誰にでも起こることですからあまり気にすることはありません。しかし、こういった時以外でもいつも顔が汗で湿っているとか、ポタポタ流れ落ちるくらいの顔汗が出るのは病気の可能性があります。あまりひどいと、日常生活に支障をきたすようになりますので病院に行って治療を受けた方が良いでしょう。こうなると女性の場合はメイクができませんし、人と会うのも控えてしまいがちになりますね。毎日暮らしていく中で、汗がひどいから仕事に行けないなんて状態になるのはとても困ります。早めに対処し、治療を受けると良くなります。運動不足が原因の顔汗の場合は、なるべく体を動かすようにして汗をかく機会を作ると良いです。


顔汗を止めるならコレ!


日本初の顔汗対策クリーム・サラフェ!

91.7%の人が効果を実感したその理由とは?

顔汗 止める サラフェ


>> サラフェの説明を見てみる