顔汗 多汗症

MENU

顔の多汗症対策法

顔汗 多汗症

 

暑い日や運動をしたら汗をかきますが、そうでない時でも汗が滝のように流れて止まらないと悩んでいる人がいます。特に顔から流れる多量の汗は、女性はメイクが流れてしまいますし、男性でも人目が気になりますよね。顔から汗が出てきた、どうしよう!と焦るとまたよけいに汗が噴き出てしまうので、悪循環に陥ります。全身にはこれほど汗をかかないのに、顔だけ滝のように流れるというのは、顔面多汗症かもしれません。

 

顔面多汗症は、季節は関係なく緊張している時に大量の汗が噴き出すもので、これが暑い季節ならさらに汗が増えるので悩んでいる人は多いです。この原因とされているのが、自律神経の乱れです。自律神経のうち、交感神経が過敏になると顔面多汗症になります。また、遺伝もあると言われているので親がそうなら子どももそうである可能性が高いです。この症状は、突然あらわれることがあり、去年まで大丈夫だったのに今年になってから突然なってしまうということもあるようです。

 

突然汗が噴き出したらどう対処すれば良いかですが、とにかく熱を下げることが一番です。濡れたタオルや保冷剤があれば首の後ろに当てて冷やしましょう。熱が下がると汗が出にくくなりますので覚えておくと役立ちます。自律神経の乱れが考えられるなら、日常生活を見直してみましょう。生活習慣が乱れていませんか?暴飲暴食をしたり、睡眠不足だったり、仕事が忙しすぎてストレスが溜まっている状態は良くありません。ストレスは上手に発散し、適度な運動をして自律神経を整えてあげると症状が落ち着く場合があります。自分なりのストレス発散法を見つけておくと良いです。何か好きなことをしている時は嫌なことは忘れてしまいましょうね。顔面多汗症は、有効な薬や治療法などはまだあまりありません。しかし、病院で相談すれば普段の生活での注意や、過ごし方をアドバイスしてもらえるので診察してもらうと良いでしょう。早く悩みから解放されると良いですね。


顔汗を止めるならコレ!


日本初の顔汗対策クリーム・サラフェ!

91.7%の人が効果を実感したその理由とは?

顔汗 止める サラフェ


>> サラフェの説明を見てみる